カテゴリ:Tips

LINEからYouTubeを見るときの注意点

LINEでは、様々な情報を素早く共有することができてとても便利ですよね。
気になる動画、地図、音楽などなどその情報のURL※を伝えれば、即座に相手を情報源に誘導することができます。

ただ、このLINEからURLのリンク先に飛んだ時に、そのページの機能がうまく働かないことがあります。
それは、「ブラウザ」という仕組みが大きく関係しています。

ブラウザとは・・・
インターネット上のウェブ ページの情報を画面上に表示するための閲覧ソフト。また一般に、コンピュータのデータやプログラムを、画面上に文字や画像として表示するためのプログラムのことを言う。

例えば、iPhoneを使っている人は「Safari」を使っていたり、Androidのスマホを使っている人はGoogleが運営している「Chrome」というブラウザを無意識に使用している場合が多いです。

LINEからリンクを開くと、これらのブラウザに正常に移行しない場合がほとんどで、LINE経由でページが開かれた状態になります。
この状態だといろいろな機能が正常に働かなくなってしまうようです。

(例えばYouTubeを開いた場合も、LINEを経由している状態だといろいろな機能が使えません)

詳しいことはよくわかりませんが、とにかくLINEからURLを押してページを開いたときは、注意が必要だということを覚えておくと何かでトラブルが起こった時の解決策のヒントになるかもしれません(^^)

画像の説明
画像の説明
こんな画面が出ますが、このままでは使い勝手が悪いので、、、
画像の説明
マーカーで印をつけたところからアプリに移動させることができます

□から↑が出ている共有ボタンを押すと、このメニューが表示されます。
「Safariで開く」を選ぶと、YouTubeのアプリから開くことができます。(※iPhoneの場合)

※URLとは
「Uniform Resource Locator」の略称です。 情報がどこにあるのかを示すインターネット上の住所のようなものだと考えるとわかりやすいでしょう。 各ページのURLは、インターネットブラウザの上部に文字列として表示されています。

コメント


認証コード6300

コメントは管理者の承認後に表示されます。